Case Competition

ケースコンペティションは、課題として与えられたケーススタディーを読み、課題に対してチームごとに解決策をまとめプレゼンテーションを行なう大会です。

例えば、企業がスポンサーとなって自社の状況・課題を提示し、学生側にマーケティング観点での解決策を提案してもらったりするような大会もあれば、ビジネススクールが主催して世界中のMBA生から参加を募るものもあります。大会によりますが、優勝者には100万円近い金額が授与されることもあります。

 

ESADEの学生は、通常授業やクラブ活動に加え、ケース・コンペティションにも積極的に参加しています。米国・欧州のMBAトップスクールと競い合い、毎年、優勝の栄誉を手にしています。日本人学生も2011年IBM/Novartis NCD Challengeで優勝しました。

 

(各ケースコンペティションの体験談はこちら)

 

その他、ケースコンペティション開催企業の例:Adidas, Novartis, Johnson & Johnson, elBulli Foundation等。