課外活動体験談

ここでは、課外活動全般についての在校生の体験談を掲載しています。

クラブ活動体験談

オペレーションクラブの工場見学体験談

 

 2013年12月5日に、オペレーションクラブのイベントで、Estrella Dammというビールの会社の工場を見学できました。

 Estrella Dammはバルセロナがあるカタルーニャ地方で有名なビールです。町中のBarにEstrella Dammのビールやその樽があります。特に良く見かけるのは、アルコール度が5.4%の「Estrella Damm(エストレーイャ・ダム)」とアルコール度が7.2%と高めの「Voll Damm(ボル・ダム)」です。

 私たちが訪れたEstrella Dammの工場は1994年に稼働開始という比較的新しい工場でした。まず、感銘を受けたことは、全工程がほぼ自動化されていることです。中央のコントロールセンターで数人が生産ラインをモニターしており、生産ライン周辺はほぼ人がいません。たまに箱などを機械に供給する人が数人いる程度でした。コンベアで瓶や缶にビールを詰める工程、6瓶1箱にパッケージして行く工程、箱詰めした後に大きなコンテナに詰める工程、そしてラッピングの工程まで、ほぼ自動化されています。ラッピングされた後、ロボットがラッピングされた大きなビールコンテナを自動で集積所まで運んで行きます。

 ラインに大量のビール瓶が整然と流れていく光景は圧巻です。このラインの制御も随所に興味深い工夫が見てとれました。例えば、ラインから不良品(例えば、立っている瓶の中での倒れている瓶)をラインの外に落として行ったり、雑然としたライン上のビールを運びながら一列に並べたりといった工程です。参加者は高速で箱を組み立てたりという工程に対して熱心に見入ったり、出来上がってどれくらいで出荷されるのか等をガイドに質問していました。

 さて、日本とスペインでの工場の違いについて。日本の工場ではスペースの有効活用が「カイゼン」の1つとして挙げられます。手作業のラインでしたらいかに作業効率を落とさずにラインを小さくするか考えますし、荷物の集積場所にいかにして多く荷物を置けるか日々考えます。しかしながらここスペインのビール工場は余裕のある空間の使い方をしており、スペースに関して「詰める」ことはしていないようでした。大きな工場の建物の中にラインがあるのですが建物の半分しかラインが入っておらず、もう半分は空きスペースとなっていました。もしかしたら需要に合わせてラインを拡張したり物を保管する場所として使うのかもしれません。(なお、オペレーションの授業で質問したところ、日本と違ってスペースの活用は「カイゼン」項目には入っていないとのことでした。)

 さて、最後はお待ちかねの試飲会。参加者の殆どはビールの試飲を楽しみに来ており、一番の盛り上がりでした。

 私は前職でメーカー勤務だったこともあり、キャリアが工場から始まりました。今回の工場見学は日頃見られない生産現場を見る貴重な経験だったとともに、初心に帰れたという意味でも大きな経験でした。

試飲会場で撮った記念写真
試飲会場で撮った記念写真

オペレーションクラブ主催のUAEトレック

 

オペレーションクラブが主体となり、中東UAEトレックを開催しました。ドバイとアブダビを訪問し、Emirates Airline, GE,Masdar City, ADIA,NGSCO, ETISALAT, ADCO等を訪問。また企業訪問の他、UAEのMinister of Higher Education and Scientific Researchとの昼食会やUAE出身のESADEの学生の自宅への訪問、また現地の大学への訪問、砂漠サファリ等イベントを開催。UAEの経済/ビジネスのみならず、現地のLifestyleやCultureなどを学べる絶好の機会となりました。

2013年Dublin Trekの体験談

 

2013年は2月13日~16日の日程で約30人の学生と共にダブリンを訪問しました。訪問先はGoogle、Facebook、LinkedIn、Oracle、Salesforce.comでした。各オフィスにて、人事担当者やManagerクラスの社員からプレゼンテーションを聞いたり、議論したりする機会を得ました。

 

Googleでは、実際のビジネスで直面しているマーケティング課題が学生に提示され、一時間程度でその課題に対する解決策を提案するという活動をしました。Googleのビジネスに対する理解が深まったことはもちろん、MBAで学んだ知識を用いて実際のビジネス課題を解くことで、普段の学習の理解を深めることができました。また、ダブリンオフィスにはESADEの卒業生も勤務しており、会話する機会を得ました。

 

LinkedInでは、学生が就職活動をする上で有効なLinkedInプロファイルの書き方についても解説があり、とても興味深いプレゼンテーションになりました。例えば、無数の候補者の中から自分のプロファイルにアクセスされるため、Position Titleにユニークなキーワードを入れること等のTipsが説明されました。

 

企業訪問に止まらず、学生同士で観光し、交流を深める時間もとれました。今回はTemple Bar、St. Patrick’s Cathedral、Trinity Collegeを訪れることができました。学生同士でレンタカーをしてThe Cliffs of Moherという名所を訪問する人もいました。

 

実際にダブリンを訪れてみると、欧州におけるこの都市の重要性を肌で感じることができます。日本でビジネスをしているとアイルランドの情勢を耳にすることは多くないため、新たな発見になりました。また、大都市ではありませんが、よく整備された住みやすい街であることも分かりました。

 

また、学生が企画する研修旅行という点も興味深い点の一つでした。日本では旅程がきちんと組まれ、それに従うのが常識ですが、他国の学生が企画すると、幾分おおらかな流れになります。学生同士で相部屋をして宿泊するのも良い体験になりました。

 

最後に、継続して企業訪問ができるということは、その企業からのESADEに対する期待が高いことの表れだと思います。ESADEのブランドを利用して、自らの興味や関心を追求する機会が得られるのはESADEの良い点だと思います。

ヘルスケアクラブ主催の企業見学会

 

ヘルスケアクラブの主催によりAlmirall というバルセロナの製薬会社を訪問しました。中心部から車で1時間ほどの距離に位置しており6000㎡にも及ぶ広大な敷地に工場、研究施設、オフィスが併設されています。Almirall 1943年設立のバルセロナ発祥の会社で、売上高約1000億ユーロ、従業員数約2850名で、現在日本を含む世界70か国に輸出をしています。呼吸器系の薬に対し積極的にR&Dを行っています。

 

2時間にわたるプレゼンテーションでは、会社のビジョン、製品の説明を大変詳しく説明して頂きました。多くの生徒は、製薬業界とは異なるバックグラウンドでの仕事経験を持つため、基礎的な質問も多くでましたが、業界の基本的な知識から詳細な内容に至るまで大変細かく解説頂きました。このような、機会は卒業後キャリアチェンジを考える学生にとっては大変良い機会となりました。

 

工場見学では、工場内の6メートルの高さの製薬用タンクに圧倒され、完全オートメーション化された在庫管理、出荷パッキングの様子に全員が感嘆していました。

 

このような地元の企業を見学できる機会はESADEが、地元バルセロナで長年培ったポジティブな評価の結果であり、先輩方のおかげであり、これがESADEの強みであると感じました。

イベント体験談

Innovation Summit in 2013

 

1. What is "Innovation Summit"?

ESADEが主催するイベントで、

 ・Innovationに関する知見を得る

 ・実際のケースを解くことを通じてInnovative Solutionを考える

という趣旨があります。

 

生徒は事前にCVの提出、ならびに参加登録することでこのイベントに参加できます。今年はGoogle、Opel、BBVA、Telefonica等のグローバルカンパニーが

ケース出題者として参加しました。個々の参加者にどのケースが割り当てられるかについては、主催スタッフが決定します。

 

2. 参加者

ESADE(MBA、MSc、EMBA)、IESE、EADAの生徒が参加できます。

今年は上記のESADE以外のスクールの方も少数ながら参加していたようです。

 

3. 一日の流れ

・午前:コーヒーチャット、ワークショップ/講演

・午後:チームメンバー発表、ケース回答/企業内プレゼンテーション、勝ち抜けたチーム同士でのプレゼンテーション

※1: 企業内でのプレゼンに勝ち抜けると企業からの特典が与えられます。

※2: 今年は金一封が最優秀プレゼンチームに支給されました

 

4. ケース回答/企業内プレゼンテーション

参加する企業が割り当てられたのち、複数のチーム間でケースに対するソリューションの内容を競います。ケースの出題内容については、企業の従業員の方が説明します。

私はTelefonicaというメディア・通信に関するグローバルカンパニーにアサインされ、「ある技術をマーケットに出すにはどうすればよいか?」 のケースに対し、当日決められたチームのメンバーとソリューションを考えることになりました。

3時間程度のThinking Timeののち、一斉にプレゼンをします。

 

5. プレゼンを勝ち抜いた際の特典

・勝ち抜けたチーム同士でのプレゼンテーションの機会が与えられます。

(上記のとおり、ここで優勝すると金一封が受領できます。)

・担当した企業から、その企業にまつわるグッズの受領、

あるいはネットワークイベントなどの機会が与えられます。

※Telefonicaのケースで代表に選ばれた際には、Telefonicaの本社に招いていただき、プレゼンテーションをする、およびネットワーキングをする機会をいただくことができました。

 

6. Lessons Learned

・様々な会社の課題を垣間見ることで、考えるべき枠組みを広げる機会を得ることができます。

・決められた時間の中で解決策を作ることになるため、物事を進める際に気を付けるべきことを見直す機会が得られます。

・リアルケースをその場で知り合ったメンバーと回答することになるため、ESADEでのチームワーク・クラスで学んだことを生かす機会が得られます。

Christmas Party

 

ESADEAdmission Officerである、Maryさん自宅でのクリスマスパーティに招待されましたので、家族で言って参りました。バルセロナ郊外にあるMaryさんの家は大豪邸でビックリしました。プール、暖炉、ピザ用の釜等ドラマで見る様な家で感動しました。

 

Maryさんはアジア地域担当という事もあり、今回はアジア地域の学生が多く参加しました。加えてESADEOBMaryさんの家族、友達等、40名程がいましたが十分な収容量。それぞれ手料理を持ち寄りましたが、インド人は全員やっぱりカレーでした。

 

料理もおいしく、みんなとも色々な話ができ楽しかったのですが、一番面白かったのはMaryさんの旦那様です。常に冗談を言っており、変顔でウチの娘を笑わせてくれ、本当に陽気な人でした。

 

帰りは電車が無くなるので、自宅からバルセロナ市内まで専用タクシーをチャーターしてくれ、至れり尽くせりでした。また、Maryさんから娘にテディベアのプレゼントがありました。¡Muchas Gracias!

 

MBAT (MBA Tournament)

 

欧州では、ビジネススクールが一同に会して運動会を行っています。これがMBA Tournament、略してMBATと呼ばれるイベントです。フランスのHECというビジネススクールが主催し、毎年5月頃に実施されます。サッカー、テニスはもちろん、クリケット、ゴーカート、チェスといった様々な競技が開催されます。ESADEは毎年参加しており、2013年は半数以上の学生が参加しました。世界各国から集まった学生が真剣に競技するため、自分がオリンピックやワールドカップの選手になったような感覚を覚えます。

 

私はサッカーに参加しました。ESADEチームは中南米の選手も多く、技術に優れると共に陽気なチームでした。2連勝で見事予選リーグを突破しました。私も日本人らしく俊敏性を活かし、一得点することができました。しかし、準々決勝でハーバードビジネススクール(USからの招待チーム)に敗れ、大会を去ることになりました。敗色濃厚でも決してあきらめることなく、最後まで走り抜いたチームに誇りを持っています。

 

スポーツとはいえ、一つの極限状態に追い込まれることで、文化の違いを感じることができました。例えば、スペイン人は負けているときでも、その状況を楽しむことを心がけていて、リラックスしているときこそ良いパフォーマンスが発揮できると考えているようでした。また、チームがうまくいかないときでも、試合前や移動中に唄を歌い続ける中南米の選手たちのポジティブな精神性はとても愛おしく思えると共に、見習いたいとも思いました。

 

その他の競技では、ESADEはサルサで優勝を果たしました。私たちの学年では、サルサの先生レベルの技術を持った学生が男女にいたため、とても美しい演技を披露することができました。ESADEの多様性に富んだ背景が垣間見れるエピソードだと思います。開催校のHECなどが好成績を収める中、男子バレーボールも準優勝を果たし、健闘しました。

 

大会期間中は毎晩パーティが開催されました。三夜ともにドレスコードが設定され、お洒落をしたり、笑いをとったりしました。学校・競技を問わず、全参加者が入り乱れてのダンスパーティで非常に盛り上がりました。ESADE以外の欧州ビジネススクールに通う日本人とも会話することができ、情報交換すると共に、交流を深めることができました。キャリアに関する話はもちろん、生活に関する話も興味深いものがありました。スペインの学生は当地での生活を嬉々として話す一方で、イギリスの学生は寒すぎて住みにくいといった話をしていました。

 

MBATはスポーツとして真剣に世界大会として楽しむことができる場です。それと同時に、約一年のMBA生活の総決算として同級生と築きあげた友情を確認することができます。さらに、他校との比較により、自分・ESADE・スペインといった存在の立ち位置を相対的に認識できる機会でもあります。単なる運動会以上のイベントです。

Pre-Graduation Party

 

1年目の最後を祝うため、TERM3(1年目の最後)のテストが終了した翌日に、ビーチパーティがありましたので紹介します。ESADEの学生に加えて、同じバルセロナにあるビジネススクールであるIESEの学生と合同でパーティが行われました。

 

シッチェス(バルセロナから30分、有名なリゾート地)のビーチを貸し切って、12:00-21:00までパーティを行いました。テストからの解放感と、シッチェスの素晴らしい景色、DJによる心地良い音楽により、みんな多いに盛り上がりました。プライベートビーチで、みんなで時にまったり、時に盛り上がりと、最高の現実逃避となりました。

 

また、日本人ネットワーク、アジアンネットワーク、その他スポーツ交流等で、お隣のIESEの学生とは顔を合わせる機会も多いのですが、これほど大規模なパーティは初めてで、いろんな学生と交流でき、いろんな意味で非常に有意義でした。

 

バルセロナだからこそできる、本当に贅沢なリゾートパーティで、1年目の最後として最高の思い出になりました。

 

ケースコンペティション体験談

HULT Prize Case Competition (2013年)

 

ビジネススクールだからこそ経験できることの一つとして、Case Competitionがあります。ESADEも積極的に様々なCase Competitionに参加し、ESADEならではのチームワークを発揮して多くのコンペで優勝をしています。

Case Competitionでは、複数人でチームを組んで、主催企業や団体から出されたビジネス課題について分析を行い、解決策を提案することが求められます。そのため、様々なバックグラウンドを持った多様な生徒が議論を重ねてcreative & innovativeな提案をチームとして示すことが重要になります。その点、ESADEDiversityTeamWorkに強みがあるため、優れた成績を挙げることができています。すでにClass of 2014では4つのCase Competitionにおいて、他のトップスクールを抑え、ESADEが優勝をおさめています。

 

日本人はアジア/先進国としてもユニークな視点を持っているため、みな積極的に参加しチームに貢献しています。

私もHULT Business SchoolClinton Foundation(クリントン元大統領が主催の基金)が共同で開催している世界規模のHULT PRIZEというCase Competitionに、ESADE代表として参加しました。

世界中のビジネススクールから各代表1校が5つの地域予選(サンフランシスコ、ボストン、ロンドン、ドバイ、上海)に参加し、各地域の優勝者は秋にニューヨークで行われる決勝でクリントン元大統領などの前でプレゼンを行うことができます。最終的な優勝者には1万ドルの資金が与えられ、実際にビジネスを始めることができるという大規模なCase Competitionです。

 

今年のHULT PRIZEのテーマは”Food Security”. 世界のスラムでどのように持続的に食の安全を確保していくか、その解決策を“ビジネス”という形で提案することが求められました。

私のチームはウズベキスタン人、インド人、ウクライナ人、インドネシア人、そして日本人の5人構成で、それぞれ元国連職員、教育NGO主催者、サプライチェーンマネージャー、銀行員、E-commerceマーケティングマネージャーという多様なバックグラウンドを持ったユニークな人たちで構成されたとても良いチームでした。チームメイトからも日々学ぶことも多く、どんどんと自分の世界が広がっていくのを実感しました。

 

週に2〜3回ほど集まり、リサーチ、分析、ディスカッションなどを重ねていきました。ビジネスプランの策定、ファイナンス、マーケティング戦略など実際にそのビジネスを始めることができるレベルまで準備をする必要があり、時には激しく意見をぶつけ合い白熱しすぎる場面も多々ありました。日々の授業の準備や宿題に加えて行う作業のため、皆どんどんと疲弊していきました。教授や企業のCEOに時間を作って頂きプレゼンをし、フィードバックをもらう。またそこから練り直す。といった作業がギリギリまで続きました。

しかし、そういった時間を重ねてなんとかドバイの会場でプレゼンを終えた時には、チーム全員が達成感と感動で抱き合って喜び、そこに至るまでの辛い出来事も一気にかけがえのない経験に変わっていました。

 

このケースコンペに参加したことで、全く違う価値観を持ちながらもひとつの目標に向かってチームとして努力する、その難しさと、同時に尊さも感じました。真にグローバルなステージで活躍するビジネスパーソンとして非常に重要なものを学ぶことができ、良い経験となりました。

UEFA(ヨーロッパサッカー協会)Marketing Case Competition

 

数あるケースコンペティションの中でも、ESADE生だけが参加することができる非常に魅力的なコンペティションのひとつがUEFA Marketing Case Competitionです。

 

UEFAからESADEの学生に対し、実際に直面している課題がケースとして提示され、2人1組でその課題の解決策提示に取り組む、というコンペティションの内容です。提出されたプレゼンをUEFAのMarketing Director, Training Director、ESADEのStrategy, Marketing の教授陣が審査し、上位3組はスイス・ジュネーヴにあるUEFA本部で行われるファイナルラウンドに進むことができます。

 

今年の課題は、これまでのテレビ放映だけでなくインターネットメディアを通したサッカーファンとの新たなコミュニケーションの展開と新しいレベニューモデルの構築、という内容でした。

提示された課題を解決するためには、FIFA, UEFAまた各国のサッカー協会やクラブとの関係、選手やクラブ間の契約、またスポンサーとの関係など様々なステイクホルダーに関してリサーチし、理解した上で、クリエイティブな解決策を提示しなければなりません。その過程だけでも非常に勉強になりますが、その複雑な関係を考慮した上で誰もが納得するような解決策を提示するというのは非常に難しく、自分が持っている思考の制限を取り払って様々なアイデアを絞り出す、といったとても良い訓練にもなりました。

 

私は運良くファイナルラウンドに進むことができ、UEFA本部でプレゼンの機会を得ました。そこでUEFAのMarketing Departmentの方からUEFAについてレクチャーや裏話を聞かせて頂いたり、チャンピオンズリーグの優勝カップなどを実際に見せて頂いたりと、本当に貴重な経験をさせて頂きました。

プレゼン自体は、Marketing Directorなど課題となっているプロジェクトに日々関わっている方々が見に来られ、鋭い質問を頂く等、緊張に満ちたものではありましたが、質疑応答の中にも新しい発見があり、とても有意義なものになりました。さらに、このプレゼンをやりきったことが自分の自信にもなったと思います。

 

ヨーロッパに来たからには、バルセロナにいるからには、自分がこれまで興味がありながら携わる機会のなかったSports Managementについて知識を得たいと思ってはいましたが、まさか自分がUEFA本部でUEFAの方々を前にプレゼンをすることができるとは思いもしませんでした。これも、ESADEに入学することができたからこそできた貴重な経験のひとつになったと思います。

 

ヨーロッパサッカーもマーケットの中心はアジアであり、アジア人としての意見が非常に重要視される分野のひとつであると感じました。ぜひ、サッカーファンの方にはESADEならではのこういったチャンスを活かして、楽しみながら学んで頂ければと思います。

IBM / Novartis NCD Challenge (2011年) ケースコンペティションで優勝

 

2011年に開催された、IBMおよびNovaritis主催のケースコンペティションにおいて、ESADEのClass of 2013の学生のチーム(日本人学生含む)が優勝しました。優勝したチームはNew Yorkでの表彰式に招待されました。

その成果はスペインの全国紙を含む各種メディアにも取り上げられました。

ESADEの優勝チーム@IBM本社(New York) 表彰式の様子
ESADEの優勝チーム@IBM本社(New York) 表彰式の様子
エル・ムンド(スペインの全国紙)の紹介記事
エル・ムンド(スペインの全国紙)の紹介記事
提案したスマートフォンアプリケーションが紹介される。「ポケットの中のお医者さん」
提案したスマートフォンアプリケーションが紹介される。「ポケットの中のお医者さん」